占い師の募集に応募して働く!

一般会社員から占い師に

 
現在私は電話占い師として働いています。占い師として働きはじめるまでは一般の企業で事務の仕事をしていました。働きながら占いの勉強をして、占い師の募集に応募して働きはじめました。しばらくは仕事と占い師の活動を両立していたのですが、占い師の仕事が安定してきたので現在では電話占い師としての活動のみに切り替えました。
私は昔から占いが好きでタロットカードを少しかじっていたので、タロットカードをメインに姓名判断や占星術などを学んで占いの技量を高めました。独学で勉強をしても案外効率よく学ぶことができ、友人を占ってみたり小さなイベントで占い師のバイトをして少しずつ経験を積んでいきました。
自分で作った目標程度の技量が身に付いたと思ったら、電話占いやメール占いの占い師募集に応募してみたり、イベントの占い師募集に応募して活動の場を広めていきました。最初に受かったのはイベント系の占い師で、お子さんから年配の方まで老若男女様々な方を占っていきました。しばらくして電話占いの募集に受かることができ、本格的に電話占い師としての活動が始まりました。まだまだ有名な占い師の先生方には負けますが、私なりに精一杯の力で相談者の皆さんを導いて行きたいと思います。
電話占い師として働きたいと思っている方は、まずは占い師の募集に応募してみるのがおすすめですよ。占いの勉強や就職活動など、ぜひ頑張っていただきたいです。

 

占い師の募集に応募して働く!

 
電話占い師になりたいと昔から考えていたので、評判の良くユーザーにも人気な電話占い会社に連絡をして面接の予約を取りました。
面接では占いの実技試験が設けられていて、実際に電話占い会社の社員さんを占って審査されました。占術はなんでも良いということだったので、一番得意なタロットで試験を受けました。実技試験では占いが当たるかどうかよりも、話し方や相談者側の質問に適切な答えを返せるかが重要視されていました。占いの試験というものは初めてだったので緊張しましたが、面接担当の電話占い会社の社員さんの質問に適切な応えを返せていたと思います。社員さんからは高評価をいただき、採用へと繋がりました。現在はその電話占い会社に登録し、プロの電話占い師として相談者の悩み相談に励んでいます。当初は上手く答えられず力不足を感じることもありましたが、今では感謝されることも増えて、占い師になってよかったと思える日が増えました。占い師の募集に応募して本当に良かったと思っています。